元引きこもり現役塾講師の年収求人徹底解説

塾講師 求人応募したいけど、学歴ってどのくらい必要?

超高学歴でなければ塾講師になれないの?

生徒と先生

 



インターネットの情報を見ていると、東京大学学部卒業後、京都大学院へ進み、外資系企業に勤めて・・・・とか、早稲田大学在学中に司法試験合格して・・・とか物凄い学歴の方が塾講師をしているイメージありませんか?

 

仮に上記のようにスーパー学歴の人でないにしても、最低でも早稲田大学・慶應義塾大学に在籍していなければ出来ません、というイメージがあったりしませんか?

 

実際のところは、それは塾講師数万人の中の一部だと思っていただいて大丈夫です。
Yahoo知恵袋などを見ていると、日東駒専・産近甲龍だと塾講師になってはだめなんですか?という論調が見え隠れがします。

 

完全にウソです。だとしたら、どれだけ塾講師はエリート層で選民的業界なんですか。
だとしたら、どうして塾業界は万年人員不足なんですか。

 

ということになります。ネットの情報は鵜呑みにしないようにしましょう。

 

実際のところ、塾講師の学歴は?

塾講師 正社員 いいよ!

確かに東大・京大・一橋・東工大・早稲田・慶應など難関大学出身者は、他業界よりも多いかもしれません。しかし、実際は一握りです。

 

普通の学習塾であれば、4大(4年生大学)に在籍しているか、卒業していれば基本的には大丈夫です。小中学校の補習塾であれば、専門学校卒業であっても採用実績がある塾を私は見ています。(大手個別指導塾、零細集団塾などで)

 

そのため、学歴コンプレックスのようなものを抱えずに、塾講師になりたいという熱意があるならば普通に採用試験に応募してください。
学歴はそれ程重視していません。

 

ただ、絶対的に忘れてはならないことがあります。
それは、先生の言動で生徒の一生が左右されるということです。どういった教育がいい教育なのか、どういう生徒を育てていきたいのか、そのためには、自分はどうしていきたいのか、そういったご自身の哲学が必要になります。

 

もちろん採用段階では、生徒の手助けをしたい!!自分も一緒に成長していきたい!!という熱い情熱があれば大丈夫です。でもゆくゆくはその課程でそういった哲学的なものも求められてくるかもしれません。

 

いずれにしても、情熱>>>学歴という認識を持っていただいて大丈夫です。ただ、情熱なんてそんな無いからやっぱりいいかな・・・、と思われたそこのあなた、最後まで読み進めてくださいね

 

 

 

塾講師に必要とされる学歴は?

塾講師 正社員 いいよ!結論として、4年制大学 在籍以上であれば、恐れず求人に応募しましょう。よく生徒さんと話しておりますと、私の大学偏差値50未満なので興味があるんですが、やっていいか自信がありません、といわれます。恐れずに求人に応募してみましょう。

 

具体的には、国公立や早慶上理・関関同立・GMARCH・は言うに及ばずです。また日東駒専や参近甲龍ももちろんです。また、偏差値上でいわゆるそれ以下といわれる大学の方もご覧のことと思います。ですが、まったく問題ありません。情熱さえあればまったく大丈夫です。

 

Q:あなたも、想像してみてください。
いわゆる難関大学卒業ですが、皮肉的で何はなしているかわからず、まったく聞く気にならない先生と、大学はそれほどの大学ではないけれども、絶対に生徒の成績何とかしてやろう!と思っている先生で教え方も工夫していらっしゃる先生だったらどっちに学びたいですか?

 

もちろん、難関大学卒業で業界でも創意工夫されており、自己研鑽を惜しまない方だってたくさんいらっしゃいます。そういった方は、ぜひ尊敬すべき対象で、目指すべき目標の一つの像として考えましょう。あくまでも、大学はひとつの指標でしかありません。その後、業界についてから1年後2年後、はたまた20年後どういった塾講師になっていきたいかを、生徒さんに授業しながら教えていきながら明確化してゆき自己研鑽に励めばいいだけです。

 

 

Q:こういうこと書くと、次に情熱なんてありません、あるかわかりません。といわれます。あなたもそう思われましたか?

 

 

A:これまた、情熱というのは元からあるものではありません。私だって教育に対してそんな強い情熱なんて最初はありませんでした。ただのアルバイトだからとりあえず最低限、お金もらえればいいや・・・くらいで考えておりました。

 

ですが、生徒さんと接しているうちに、情熱らしきものは自然と沸いてきます。勝手に楽しくなってきます。そして、そうなってくればもっとスキルを身につけなければと、勝手になります。だから、本当に最初は何も危惧しないでください。

 

 

 

塾講師 正社員 いいよ!

塾講師たのしいよ!!ほんとに。教えることで、自分自身が教えられる。プレゼンテーションスキルだってコミュニケーションスキルだって身につきます。物事の順番や組み立て方、情報構造の整理の仕方、人と人との間に生まれるコンフリクトの解消法や、モチベーションスキルの向上、社会の縮図がそこにある。ヒト・モノ・カネといったビジネス要素もたくさんある。

 

学ぶべき客体はすべてそこにある。気がする。>・<
と思ってます。

 

ちょっとでもやりたいな、と思っておられてアルバイトや正社員に応募しようかなぁ・・・、とちょっとでも検討してらっしゃるならば面接だけでも受けていただいて、塾の業界人とお会いしてお話してほしいと考えています。結果として異業種を選ばれたのであれば、それはそれでいいと思います。ただ、学歴や自信がないという気にする必要の無いことでしり込みされているのであれば、今すぐ絶対に応募したほうがいいです。話を聞かれるだけでも価値があります。たぶん。w

 

この業界の人間としては、いろんな方とお会いしていろんな方とお話させていただくことで、もっともっと業界を改善してよりよい教育システムや思いの伝達方法の合理化であったり、ちょっとでも日本社会に貢献できる人材をお返ししていきたいなぁなんて上から目線になってしまいますが、思っております。

 

ひょっとしたらこのページを読んでいただいているあなたが次の塾業界を牽引していかれる方になるかもしれません。

 

 

>>元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|アルバイト編
>>元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|正社員編
>>元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|副業・兼業・塾掛け持ち編

 

 

PR



PR

ピックアップ記事

社員講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数ある職業の中で、塾講師を選ぶかどうか迷われている貴方に読んで頂きたい、論理も正当性もあるかどうか分からない管理人 冬月の主観的、社員講師のやりがい。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|正社員編

アルバイト講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数多のアルバイトで、塾講師を選ぶメリットややりがい、成長感など、思い切り主観的に述べたページ。共感を頂けるかどうかは分かりませんが、アルバイトをご検討しているなら是非。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|アルバイト編

本業としての塾講師 給料

塾講師 正社員 求人 新卒として、中途採用として本職として塾講師を検討中の方も多いことでしょう。業界全体としては、バブル期と比較したら生徒数は大幅に激減しました。ですが、塾講師の将来性は十分あると思っております。ただ、給料の決定要因を知らないことには対策しづらいです。 正社員塾講師の真実(給料編)

【必見!】塾講師やるならどこがいい?

塾講師 正社員 求人給料がたくさんもらえなければ自己研鑽もできません。ひいては生徒さんに還元できません。プロとしての技を磨いていくためにもお給料は間違いなく大切な要因です。ですが、その給料も入り口段階で大きく決まってしまいます。損しない塾選びの仕方とは? オススメ!アルバイトや正社員 塾講師求人の比較ランキング

必要とされる学歴は?

塾講師 正社員 求人抜群の頭の良さを必要とされているイメージが教える仕事にはあるような気がします。(しません?)塾業界としてはどのくらい知識や教養、はたまたそれを示す学歴が必要とされているのでしょうか。考察してみましょう。 塾講師 求人応募したいけど、学歴ってどのくらい必要?

生徒人気の獲得法

塾講師 正社員 求人人気と実力は別物かもしれません。人気を取ったからといって教え方がうまいとは言えません。ですが人気がなかったら教える相手がいません。最低限、こうすればとりあえず問題ないというレベルの人気が取れる及第点的な方法。 個別指導塾講師で人気が出る5つの方法

生徒との恋愛にご注意

塾講師 正社員 求人生徒のパーソナリティを知ることにより、生徒さんに合わせた指導を考えていくことはとても大切です。ですが、それは生徒さんと親密な関係になるということと同値ではありません。その雰囲気を感じ取って、うまく線引きを引くためのコツとは? 禁則事項|ヤバイ、生徒との恋愛に発展しそう!となる前に

塾講師 が/と 結婚するとなると?

塾講師 正社員 求人塾講師だって一人の人間です。いずれは結婚し、子供を生んでいくことになるかもしれません。塾講師の社会的立場や、男性側からの視点や女性側からの視点と気になる点は種々あると思います。 塾講師と結婚をリアルに考える時の注意事項
PR
グッドポイント

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 求人応募その前に オススメ塾求人ランキング 塾講師の仕事をする際のポイント集 お問合せ