ピンポイントで狙い撃ち。ブラック業界塾の世界?

ピンポイントで狙い撃ち。ブラック業界塾の世界?

労働基準監督署も良く見てる?

教育業界は、少子化少子化と叫ばれて、市場自体が小さくなってきたという問題点が昔から指摘されていました。ただ今回はそのネタは取りあえず置いておいて。

 

以前から塾業界は、ブラック業界だと叫ばれていますが、最近ではどうなんでしょうか。そういえば、この間の日経新聞だったか夕方のニュースだったかで、公教育の管理者の方々の平均残業時間なども特集されていた気がします。うろ覚えですが、確か1日あたりの平均労働時間が11時間くらいだったかな?すみません。データなどを間違えていたらご指摘願います。

塾業界も民間企業

  • 授業の洗練化
  • ビラ配り
  • 広告の考察
  • 生徒の個別の管理
  • 親との折衝
  • 学校めぐり
  • その他

 

 

塾業界は、私企業です。ですので、基本的には国からお金が振ってきたり生徒が湧いてきたりはしません。(当たり前)
であれば、生徒を獲得するように動かねばなりません。しかしながら、生徒を獲得するためにはどんな要素があるでしょうか。まずは、授業自体を磨いて周りと差別化出来るほどの商品(すなわち授業)を提供できるようにしなければなりません。

 

次の要素としては、ビラ配りなどもあります。基本的に塾業界は、生徒一人当たりの単価はそこまで高くありません。ですので、生徒数をどれだけ獲得できるかでその塾の命運は決まります。しかも、高いところだと経費に対して40%以上も人件費になっているケースもあります。そうなれば、どうしても広告宣伝費にお金を回しづらくなります。個人経営だとその嫌いは強いです。
だからこそ、ビラ配りも含めて自身で行わなければなりません。

 

また、広告自体も塾そのもので生成していくこともあります。

 

後は、最も本質である生徒一人ひとりの管理と親との折衝もあります。

 

細かいところでは進学先に当たる学校をめぐり、学校の雰囲気からカリキュラムやその学校の卒業先などを知っておく必要性もあります。でなければ進路指導が出来なくなってしまうからです。

 

このように考えていくと、どうしても業態としてサービス残業をしなければならない業態であるということは否めないかもしれません。

コンプライアンスを考える企業が増えてきた

ただ一方で、塾業界も徐々に市場自体が成熟期に近づきつつあります。このため、数十億円企業になった塾も増えてきています。また全国展開のみならず、一部の塾は海外に出て日本人学校在籍の生徒向けの塾を作っているところまであります。このように大手企業になれなるほど資本が増大化しますので、事業の専門化と分業化・細分化が進みます。

 

ですので、セクションごとで特化して事業を進めていくことになるので、そうなれば一人当たりに振られていた多大な(過度な)仕事の量は低減していきます。こうなれば、サービス残業から解放されつつある人も多くいるようになります。(ちょいちょいそういった話題も聞いています。)

 

また、飲食業界等で過度な残業などで労働環境自体を見直す風潮も出てきていますし、労働基準監督署の監視も年々厳しくなってきています。そして、塾業界自体もコンプライアンスを果たさねば市場そのものから淘汰されるということに目を向けつつあります。
このように考えて徐々に労働者一人ひとりにとってはいい方向に向かっているのではないかと考えられます。もちろん全ての企業がいい方向に向かっているとは言いません。まだまだ旧態依然とした企業は多いのは確かです。ただ、そういった企業は徐々に減っていくのではないかと思われます。

 

もし仮に、今後塾業界で働くことを考えるならば、まずは実際の授業風景やそこで働いている人の雰囲気を見ておくのはいいことでしょう。中々、簡単にそうすることが出来ない場合は、某巨大掲示板の情報も侮れません。もちろん嘘八百の内容もありますが、傾聴に値する内容もあります。玉石混合なのでITリテラシーは必要ですがそういった中で玉になる情報を見つけ出すのも一行かも知れません。

 

しかし、まだまだブラック塾にお勤めでお困りの方は日本にごまんといらっしゃるはずです。また、塾講師のみならず学校の先生方もひょっとしたら過剰労働にお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。もし少しでも相談してみたいことがありましたら、サイト内記事の残業代はまっとうに払われていますか?をご覧下さい。対処法の一つをご提案させていただきます。

 

ピックアップ記事

社員講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数ある職業の中で、塾講師を選ぶかどうか迷われている貴方に読んで頂きたい、論理も正当性もあるかどうか分からない管理人 冬月の主観的、社員講師のやりがい。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|正社員編

アルバイト講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数多のアルバイトで、塾講師を選ぶメリットややりがい、成長感など、思い切り主観的に述べたページ。共感を頂けるかどうかは分かりませんが、アルバイトをご検討しているなら是非。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|アルバイト編

本業としての塾講師 給料

塾講師 正社員 求人 新卒として、中途採用として本職として塾講師を検討中の方も多いことでしょう。業界全体としては、バブル期と比較したら生徒数は大幅に激減しました。ですが、塾講師の将来性は十分あると思っております。ただ、給料の決定要因を知らないことには対策しづらいです。 正社員塾講師の真実(給料編)

【必見!】塾講師やるならどこがいい?

塾講師 正社員 求人給料がたくさんもらえなければ自己研鑽もできません。ひいては生徒さんに還元できません。プロとしての技を磨いていくためにもお給料は間違いなく大切な要因です。ですが、その給料も入り口段階で大きく決まってしまいます。損しない塾選びの仕方とは? オススメ!アルバイトや正社員 塾講師求人の比較ランキング

必要とされる学歴は?

塾講師 正社員 求人抜群の頭の良さを必要とされているイメージが教える仕事にはあるような気がします。(しません?)塾業界としてはどのくらい知識や教養、はたまたそれを示す学歴が必要とされているのでしょうか。考察してみましょう。 塾講師 求人応募したいけど、学歴ってどのくらい必要?

生徒人気の獲得法

塾講師 正社員 求人人気と実力は別物かもしれません。人気を取ったからといって教え方がうまいとは言えません。ですが人気がなかったら教える相手がいません。最低限、こうすればとりあえず問題ないというレベルの人気が取れる及第点的な方法。 個別指導塾講師で人気が出る5つの方法

生徒との恋愛にご注意

塾講師 正社員 求人生徒のパーソナリティを知ることにより、生徒さんに合わせた指導を考えていくことはとても大切です。ですが、それは生徒さんと親密な関係になるということと同値ではありません。その雰囲気を感じ取って、うまく線引きを引くためのコツとは? 禁則事項|ヤバイ、生徒との恋愛に発展しそう!となる前に

塾講師 が/と 結婚するとなると?

塾講師 正社員 求人塾講師だって一人の人間です。いずれは結婚し、子供を生んでいくことになるかもしれません。塾講師の社会的立場や、男性側からの視点や女性側からの視点と気になる点は種々あると思います。 塾講師と結婚をリアルに考える時の注意事項
PR
グッドポイント

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 求人応募その前に オススメ塾求人ランキング 塾講師の仕事をする際のポイント集 お問合せ