減点法より得点法

減点法より得点法

学校教育と塾での教育の違いは?

私たちが携わる塾業界に来てくれる生徒さんは、教える相手である生徒さんであると共に、お客様でもあります。そこが学校教育とは違う点かもしれません。学校は、基本的に生徒さんは勝手に入ってきます。しかし、塾業界では生徒募集しなければ生徒さんが入ってきません。それに、学校教育などの公教育は5教科の勉強も確かにしますが、一方で道徳や保健・体育、音楽、美術のような副教科も指導します。他方で塾業界では徹底した5教科(3教科)のように受験勉強の指導を基盤に据えています。

 

このように考えたら、学校教育のような公教育と塾業界のような私学教育はうまい具合に住み分けが出来ていると考えていいかもしれません。

 

 

 

減点法は学校に任せて

公教育は、ある程度の一律化・定量化、定性化をはかっています。その目的は、日本社会で市民として生きられるように一般常識と教養を積むことにあります。そのため、ダメなことはダメ。我慢すべきことは我慢する。年上は敬え、直すべきことは直す。それが出来なければ、どんどんどんどん減点されていくという方式に思います。これは、市民として生きるためには間違いなく必要な教育化もしません。しかし、ある意味では出る杭は打たれるのが公教育の現時点での問題点かもしれません。

 

ただ、もちろん必要なことであるのは確かです。そして塾業界ではしつけを含めた指導はあまり出来ないかもしれません。(必要レベルではもちろんしますが。)
というのは、減点法で計算しているとどうしてもその生徒さんにマイナスのバイアスが常に掛かります。そのため、生徒さんを常に怒ってしまう状態になるでしょう。そうなれば、先生は生徒さんに嫌われて結局塾に行きたくないと思われてしまうかもしれません。そうすれば、せっかく(少なからず)やる気を出して通ってきている塾から退塾してしまいます。であれば、生徒さんの学力上でも、我々塾の教室の生徒人数上でもマイナスになってしまいます。
こういった減点法の計算式はそれはそれで大切ですが、塾ではやらないほうがいいかもしれません。これが出来るのは生徒さんが望んでも気軽には退学できない学校含む公教育にお任せしましょう。

 

 

 

塾は加点方式で

塾に通っている以上、生徒さんは少なからずやる気があるものです。ですが、受験勉強というのはなかなか歯ごたえがあり辛い思いを強いら無ければならないことが多いはずです。やらなければならないことが多い上になかなか定着しないことも多いはずです。1年ぐらいの長い間、成果が出てこないということも少なくありません。

 

もしそれ程の長い間、成果が出てこなければいくらやる気のある生徒さんであったとしてもさすがに、ゲンナリしてしまうでしょう。場合によっては退塾してしまいます。

 

生徒さんは目に見える成果を欲しがっています。たとえ小さな結果だとしても。
その小さな結果に注目してあげて、『自分にも出来る!』という実感を持たせてあげましょう。

 

つまり、原点方式ではなくて加点方式にすべきです。

 

 

 

加点すべき点は?

  • 宿題をやってこない生徒が1ヶ月連続で宿題をやってきた
  • 一問一答の指定したページをしっかりと覚えてきた
  • 正答率が前回よりも増えた
  • 挨拶しない生徒が挨拶をするようになった
  • 時間を守るようになった
  • 出席率も上がった
  • 口数が増えた
  • 手の上げる回数が増えた
  • 友達が増えた
  • 寝坊しなくなった
  • 貧乏ゆすりが減った
  • 頬杖をつかなくなった
  • 居眠りしなくなった

 

 

学校で生徒さんは躾として叱られる場面が多いはずです。たとえ少しでも生徒さんが出来るようになった点があれば、それを見つけてあげるといいかもしれません。







ピックアップ記事

社員講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数ある職業の中で、塾講師を選ぶかどうか迷われている貴方に読んで頂きたい、論理も正当性もあるかどうか分からない管理人 冬月の主観的、社員講師のやりがい。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|正社員編

アルバイト講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数多のアルバイトで、塾講師を選ぶメリットややりがい、成長感など、思い切り主観的に述べたページ。共感を頂けるかどうかは分かりませんが、アルバイトをご検討しているなら是非。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|アルバイト編

本業としての塾講師 給料

塾講師 正社員 求人 新卒として、中途採用として本職として塾講師を検討中の方も多いことでしょう。業界全体としては、バブル期と比較したら生徒数は大幅に激減しました。ですが、塾講師の将来性は十分あると思っております。ただ、給料の決定要因を知らないことには対策しづらいです。 正社員塾講師の真実(給料編)

【必見!】塾講師やるならどこがいい?

塾講師 正社員 求人給料がたくさんもらえなければ自己研鑽もできません。ひいては生徒さんに還元できません。プロとしての技を磨いていくためにもお給料は間違いなく大切な要因です。ですが、その給料も入り口段階で大きく決まってしまいます。損しない塾選びの仕方とは? オススメ!アルバイトや正社員 塾講師求人の比較ランキング

必要とされる学歴は?

塾講師 正社員 求人抜群の頭の良さを必要とされているイメージが教える仕事にはあるような気がします。(しません?)塾業界としてはどのくらい知識や教養、はたまたそれを示す学歴が必要とされているのでしょうか。考察してみましょう。 塾講師 求人応募したいけど、学歴ってどのくらい必要?

生徒人気の獲得法

塾講師 正社員 求人人気と実力は別物かもしれません。人気を取ったからといって教え方がうまいとは言えません。ですが人気がなかったら教える相手がいません。最低限、こうすればとりあえず問題ないというレベルの人気が取れる及第点的な方法。 個別指導塾講師で人気が出る5つの方法

生徒との恋愛にご注意

塾講師 正社員 求人生徒のパーソナリティを知ることにより、生徒さんに合わせた指導を考えていくことはとても大切です。ですが、それは生徒さんと親密な関係になるということと同値ではありません。その雰囲気を感じ取って、うまく線引きを引くためのコツとは? 禁則事項|ヤバイ、生徒との恋愛に発展しそう!となる前に

塾講師 が/と 結婚するとなると?

塾講師 正社員 求人塾講師だって一人の人間です。いずれは結婚し、子供を生んでいくことになるかもしれません。塾講師の社会的立場や、男性側からの視点や女性側からの視点と気になる点は種々あると思います。 塾講師と結婚をリアルに考える時の注意事項
PR
グッドポイント

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 求人応募その前に オススメ塾求人ランキング 塾講師の仕事をする際のポイント集 お問合せ