小学生じゃなくてもナゼはある

小学生じゃなくてもナゼはある

小学生1年生くらいを思い出してみましょう。

皆さんも、小学校1年生くらいのころを思い出してみて下さい。
新しいことも多く、未知のコトだらけで好奇心旺盛ではなかったのではないでしょうか。そのころは、ひらがなや漢字を一文字書けるだけでも面白かったハズです。あるいは、足し算引き算が出来るようになって褒めて貰えるとことさらに嬉しかったんじゃないでしょうか。

 

でも、それも小学校3年生や高学年になると徐々にそういった学習意欲も下がってきて、勉強なんてツマンネーと思い始めたのでは?
中学生にもなると、思春期でもはや勉強どころではなくなり、親には反発、学校ではケンカ、放課後は帰ってこずにどこかでタムロ。・・・は言いすぎかな?w

 

いずれにしても、年を経るごとに徐々に学習意欲というのはそがれていくのが一般的な話じゃないかなと思います。

やる気を無くするその原因

マズローの5段階の欲求仮説はご存知だと思います。
その最頂点にあるのが、自己実現の欲求です。これはしんりがくの研究者からはどうやらあまり支持されていないと噂は聞いたことがあります。しかし、営業や人事部に立たれている方や我々のような教育業界に居る人間にとっては大きな支持を受けている説の一つではないかなと思っています。

 

私自身としては、自己実現の欲求は教育する側の立場にとって非常に重要なものであると考えています。公教育の場はいざ知らず、塾や予備校のような教育現場に来る生徒さんは少なからず、勉強が出来るようにしたいという自己実現の欲求やそういったニーズがあります。

 

しかし、小学校や中学校、高校と段階を踏んでいくごとに、「何でこんなことをしているんだろう」「勉強して何の意味があるんだろう」「微分積分できなくても生きていけるし!」とか思いはじめるのではないでしょうか。少なくとも私はそうでしたw
そのうえ、徐々に出来ないことが増えて行き気づいたら勉強そのものが嫌いになってしまいます。仮に、上のような問いに走っても、勉強が取りあえず出来れば何とかなるかもしれません。しかし、こういった二つの現象が合い掛けで生じてしまったら、学習意欲が失われやる気を無くすこと請け合いです。

ナゼの問いに答えられる塾講師は死ぬまで生きられる

生徒さんは、まだまだ子どもです。本来、人間は好奇心旺盛な動物のハズです。しかし、出来るようにすることや受験勉強で点数を取ることのみに主眼が置かれて、勉強そのものの意義付けやそもそもの好奇心から生まれてくるはずの学習意欲というのは削がれていくのが現在の教育制度かもしれません。

 

我々塾講師としては、受験勉強そのものの対策を取ることは必要です。しかしその上で、こういった好奇心を大切にしてあげることが必要なのではないかと思っています。では、どのようにすれば、その好奇心を育てられるのでしょうか。

 

 

それは、生徒さんの様々な「ナゼ」に答えられるようにすることだと思います。
「ナゼ」という疑問は、それぞれの現象の本質に対しての疑問です。小さいころは本当にナゼナゼどうして?と疑問が多々あったと思います。これこそが実は学習意欲すなわちやる気の源泉ではないでしょうか。

 

そのためには、我々塾講師としては、この「ナゼ」に対して答えてあげることが重要です。ただ一方で、与えすぎると自発的に見つけ出すというこれまた大切なスキルを身につけられなくなるかもしれません。

 

 

だから、我々としては、生徒さんが気にするであろう「ナゼ」に対しての「答え」ないしは「方向性」を常に持ち続ける必要があります。その上で、それをズバリ答えで示すか、それまたワザとぼかして自ら答えを探させるかのバランス感覚が我々としては重要になるのではないかと考えています。







ピックアップ記事

社員講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数ある職業の中で、塾講師を選ぶかどうか迷われている貴方に読んで頂きたい、論理も正当性もあるかどうか分からない管理人 冬月の主観的、社員講師のやりがい。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|正社員編

アルバイト講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数多のアルバイトで、塾講師を選ぶメリットややりがい、成長感など、思い切り主観的に述べたページ。共感を頂けるかどうかは分かりませんが、アルバイトをご検討しているなら是非。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|アルバイト編

本業としての塾講師 給料

塾講師 正社員 求人 新卒として、中途採用として本職として塾講師を検討中の方も多いことでしょう。業界全体としては、バブル期と比較したら生徒数は大幅に激減しました。ですが、塾講師の将来性は十分あると思っております。ただ、給料の決定要因を知らないことには対策しづらいです。 正社員塾講師の真実(給料編)

【必見!】塾講師やるならどこがいい?

塾講師 正社員 求人給料がたくさんもらえなければ自己研鑽もできません。ひいては生徒さんに還元できません。プロとしての技を磨いていくためにもお給料は間違いなく大切な要因です。ですが、その給料も入り口段階で大きく決まってしまいます。損しない塾選びの仕方とは? オススメ!アルバイトや正社員 塾講師求人の比較ランキング

必要とされる学歴は?

塾講師 正社員 求人抜群の頭の良さを必要とされているイメージが教える仕事にはあるような気がします。(しません?)塾業界としてはどのくらい知識や教養、はたまたそれを示す学歴が必要とされているのでしょうか。考察してみましょう。 塾講師 求人応募したいけど、学歴ってどのくらい必要?

生徒人気の獲得法

塾講師 正社員 求人人気と実力は別物かもしれません。人気を取ったからといって教え方がうまいとは言えません。ですが人気がなかったら教える相手がいません。最低限、こうすればとりあえず問題ないというレベルの人気が取れる及第点的な方法。 個別指導塾講師で人気が出る5つの方法

生徒との恋愛にご注意

塾講師 正社員 求人生徒のパーソナリティを知ることにより、生徒さんに合わせた指導を考えていくことはとても大切です。ですが、それは生徒さんと親密な関係になるということと同値ではありません。その雰囲気を感じ取って、うまく線引きを引くためのコツとは? 禁則事項|ヤバイ、生徒との恋愛に発展しそう!となる前に

塾講師 が/と 結婚するとなると?

塾講師 正社員 求人塾講師だって一人の人間です。いずれは結婚し、子供を生んでいくことになるかもしれません。塾講師の社会的立場や、男性側からの視点や女性側からの視点と気になる点は種々あると思います。 塾講師と結婚をリアルに考える時の注意事項
PR
グッドポイント

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 求人応募その前に オススメ塾求人ランキング 塾講師の仕事をする際のポイント集 お問合せ