教育関係ニュース

2次試験が面接試験などの評価に?!

国公立大学だけでなく、私立大学も、補助金につられて変えちゃうかも?!

<国公立大入試>2次の学力試験廃止 人物評価重視にというニュースが10月11日に発表されました。これによれば、この間あったセンター試験に当たる試験を複数回実施する学力度到達試験で知識教養が足りているかどうかを確認して、2次試験に当たる試験で人物重視型の面接等の試験に切り替えようという提言が出ているようです。

 

 

この制度の目的や問題意識を要約すると今までの学力偏重主義的な教育制度だと、可能性があり、やる気の高い学生がふるいに掛けられてしまい、大学受験に受かることが最終目標となりやる気の低い生徒ばかりが集まってしまうということでしょう。

 

 

たしかに、現状の大学受験制度は複雑怪奇になっていて、更に2015年入試からは理科科目が2単位と4単位が混在して大学によって、必要な単位数が変わるばかりでなく、特定の科目でなければ受けられないといっためんどくさいことこの上ない仕組みになります。たとえば、ある大学では生物基礎と化学基礎という教科の2単位理科を2科目でもよければ、今までの地学Tにあたる地学といった4単位理科一科目でもいいとする大学もあります。一方で、物理基礎の2単位理科1科目だけでいいとする大学もあります。

 

 

とりあえず、現状の、そしてすぐ次の受験制度はよくわからん!!!!!というのは間違いありません。

 

 

 

ですが、一方で現行の知識偏重型といわれがちな受験制度ですが、良い意味でのふるいを掛けてきている点は見逃せません。そもそも高い学力をつけるためには、高い目的意識が無ければ出来ないはずです。なぜならば、何の意味も持たずに大学受験を戦えるほど甘いものではないからです。特に今日の大学全入時代と言われる時代においては、わざわざ大変な思いをしてまで大学受験を乗り切ろうとする必要性は無いはずです。

 

一昔前のベビーブームやバブル期のころであれば、そもそも戦いに勝たなければ隣のやつに全て持っていかれてしまうという発想があったことでしょう。ですが、今は良くも悪くも、どうにでも大学生になれてしまいます。倍率20倍とか30倍の時代ではないのです。それにもかかわらず、(以前と比べたら問題の難易度は下がったのは確かですが)依然と難関大学の受験問題の難易度は高いことは間違いありません。であれば、それ程めんどくさい大学受験問題をクリアしてくることは、そもそも興味関心が広くさらに意識の高い生徒さんが多いものです。これは私の主観ですが、実際に大学に通っている学生さんの最近の大学の授業の出席率は高いように思います。今までであれば新入生も5月を過ぎれば人がドンドンいなくなるというのが常でした。しかし、今ではほとんどの生徒さんが、5月どころか夏休みまでフル出席し続けています。これは、大学の制度改革や自助努力もあるでしょうが、一方で学生の質が変わってきた点も見逃せません。

 

それに、昔の学生さん方も決してやる気が低かったわけではなく、ただ単に大学の授業が一方的であったり、教授の研究はよくとも教授法が良くなく図書室で知識を備えて、友人と議論するほうに力を傾ける生徒さんが多かっただけです。

 

 

 

まぁ、大学受験制度が今の方式が必ずしも100%正しいと言うつもりはありませんが、一方でいい点は見逃せないし、今まで実際に大学側も大きな恩恵を受けていた点は忘れてはなりません。そして、私たち塾屋としてもこの受験制度というものがあったから、仕事が存在していることも忘れて欲しくありません。w

 

 

まぁ〜、どうなるんでしょうね。教育業界。多分、現行制度の大幅変更だと多分、各方面から非難ごうごうだと思うけど。w

PR



PR

ピックアップ記事

社員講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数ある職業の中で、塾講師を選ぶかどうか迷われている貴方に読んで頂きたい、論理も正当性もあるかどうか分からない管理人 冬月の主観的、社員講師のやりがい。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|正社員編

アルバイト講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数多のアルバイトで、塾講師を選ぶメリットややりがい、成長感など、思い切り主観的に述べたページ。共感を頂けるかどうかは分かりませんが、アルバイトをご検討しているなら是非。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|アルバイト編

本業としての塾講師 給料

塾講師 正社員 求人 新卒として、中途採用として本職として塾講師を検討中の方も多いことでしょう。業界全体としては、バブル期と比較したら生徒数は大幅に激減しました。ですが、塾講師の将来性は十分あると思っております。ただ、給料の決定要因を知らないことには対策しづらいです。 正社員塾講師の真実(給料編)

【必見!】塾講師やるならどこがいい?

塾講師 正社員 求人給料がたくさんもらえなければ自己研鑽もできません。ひいては生徒さんに還元できません。プロとしての技を磨いていくためにもお給料は間違いなく大切な要因です。ですが、その給料も入り口段階で大きく決まってしまいます。損しない塾選びの仕方とは? オススメ!アルバイトや正社員 塾講師求人の比較ランキング

必要とされる学歴は?

塾講師 正社員 求人抜群の頭の良さを必要とされているイメージが教える仕事にはあるような気がします。(しません?)塾業界としてはどのくらい知識や教養、はたまたそれを示す学歴が必要とされているのでしょうか。考察してみましょう。 塾講師 求人応募したいけど、学歴ってどのくらい必要?

生徒人気の獲得法

塾講師 正社員 求人人気と実力は別物かもしれません。人気を取ったからといって教え方がうまいとは言えません。ですが人気がなかったら教える相手がいません。最低限、こうすればとりあえず問題ないというレベルの人気が取れる及第点的な方法。 個別指導塾講師で人気が出る5つの方法

生徒との恋愛にご注意

塾講師 正社員 求人生徒のパーソナリティを知ることにより、生徒さんに合わせた指導を考えていくことはとても大切です。ですが、それは生徒さんと親密な関係になるということと同値ではありません。その雰囲気を感じ取って、うまく線引きを引くためのコツとは? 禁則事項|ヤバイ、生徒との恋愛に発展しそう!となる前に

塾講師 が/と 結婚するとなると?

塾講師 正社員 求人塾講師だって一人の人間です。いずれは結婚し、子供を生んでいくことになるかもしれません。塾講師の社会的立場や、男性側からの視点や女性側からの視点と気になる点は種々あると思います。 塾講師と結婚をリアルに考える時の注意事項
PR
グッドポイント

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 求人応募その前に オススメ塾求人ランキング 塾講師の仕事をする際のポイント集 お問合せ