教育関係ニュース

センター試験が無くなるの?

到達度テストというテストが導入されるかも。

先日の、大学受験の枠組みを変更する会議の中で、近年、大学受験が大幅に複雑化している現状が問題視されておりました。さらに、大学受験が一発試験であるため普段から勉強をしなければならないという意識が高校生の中で希薄であるという問題意識が取りざたされていました。

 

それに対して、意見されたのが早稲田大学の学長さんとのことです。その方によれば、センター試験をナント廃止して、到達度テストという複数回受験できる受験方式を導入されるとのことです。これにより、日ごろから高校生は勉学を積んでいかねばならないのだという意識構えから変更させていく目論見があるとのことです。

 

 

 

センター試験を廃止して到達度テストを導入した場合どうなるか予想してみる

これを導入すれば、確かに日々勉強していかなければならないということは再認識されて勉強の動機付けにはなるかもしれません。これは保護者の方にとっては、お子様の管理という観点から非常に良いものに移るかもしれません。

 

しかし、一方でデメリットとしてはどうなるでしょうか。複数回受験できるテストということで、難関大学を受験する方は間違いなく満点を取らなければならなくなるでしょう。東大・京大・一橋・東工大、私立も導入するならば早稲田大学や慶應義塾大学も当然に満点枠組みの中に入ってくるのではないでしょうか。さらに、旧帝国大学や地域拠点型の準難関大学も同様かもしれません。

 

さらに、そのように満点必須試験になるうえで、受験方式の煩雑化を回避するということであれば、統一型すくなくとも受験方式は一本化されていくことになるでしょう。そうなれば、間違いなく大学の序列化が促進されて、極論してしまえばいわゆる難関大学に入る大学以外には、大学不要論まで出てしまい、官公庁から出ている研究費や教育費が大幅に削減されて大学の定員も減ってしまうかもしれません。(言いすぎかな?)
近年の少子化傾向は徐々になだらかな形になりつつありますが、一方でやはりバブル期やベビーブームと比較したら間違いなく受験者は減少しております。この結果、大学全入時代といわれてはいますが、当然、みんなが行きたいような大学は依然として高倍率の受験者数。一方で、あまりみんなが行きたがらないような大学であれば、当然に受験者数の確保すら厳しいというのが現状です。それを解決させるために生まれたのが、近年のさまざまな受験方式です。それが統合・一本化されれば受験者の確保が大変な私立大学は偉いことになってしまうかもしれません。

 

少なくとも大学の序列化傾向には拍車がかかっていくことになるでしょう。さらに、21世紀の英語を使える日本人を作る戦略構想というのがあるのですが、それが仮に功を奏したと仮定した場合、あるいは帰国子女や英語熱がもっと過激化して2ヶ国語を話せる人間が増えたとしましょう。そうなれば、日本の大学から海外の大学へ行くことがこれからの高度知的社会を渡っていくためのパスポートになる可能性もありますね。

 

 

 

そうなると困ったのは、学力中下位層の方々です。もし学歴のはしごから少しでももれてしまった場合、救済措置、セーフティーネットが敷かれていない場合、社会構造が固定化されてしまう可能性があります。いわゆる勝ち組・負け組みの枠組みが固定化されてしまうかもしれません。高学歴の親からは高学歴の子が生まれ、vice versa 

 

であれば、社会は閉塞感を生み出してゆき、反体制分子が徐々に組織化されて日本を解体していこうとする志向性が生まれていくかもしれません。

 

 

 

 

という、夢を見ました。

 

 

 

 

まぁ、いずれにしても、センター試験まで2013年現在で5年後を目途に考えているそうなので、煩雑化した受験方式に統制をしくのはいい話かもしれません。しかし、中堅大学や下位大学のように受験者の確保すら間々ならない大学や学力中下位層でも大学受験をしようと考えている生徒さんにとっての救済措置をしくことも同様に必要なことなのかもしれません。難しい問題ですが、いかがでしょうか。

PR



PR

ピックアップ記事

社員講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数ある職業の中で、塾講師を選ぶかどうか迷われている貴方に読んで頂きたい、論理も正当性もあるかどうか分からない管理人 冬月の主観的、社員講師のやりがい。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|正社員編

アルバイト講師の本気のやりがいとは?

塾講師 正社員 求人数多のアルバイトで、塾講師を選ぶメリットややりがい、成長感など、思い切り主観的に述べたページ。共感を頂けるかどうかは分かりませんが、アルバイトをご検討しているなら是非。 元引きこもり塾講師が本気で塾業界のやりがいを熱弁してみた|アルバイト編

本業としての塾講師 給料

塾講師 正社員 求人 新卒として、中途採用として本職として塾講師を検討中の方も多いことでしょう。業界全体としては、バブル期と比較したら生徒数は大幅に激減しました。ですが、塾講師の将来性は十分あると思っております。ただ、給料の決定要因を知らないことには対策しづらいです。 正社員塾講師の真実(給料編)

【必見!】塾講師やるならどこがいい?

塾講師 正社員 求人給料がたくさんもらえなければ自己研鑽もできません。ひいては生徒さんに還元できません。プロとしての技を磨いていくためにもお給料は間違いなく大切な要因です。ですが、その給料も入り口段階で大きく決まってしまいます。損しない塾選びの仕方とは? オススメ!アルバイトや正社員 塾講師求人の比較ランキング

必要とされる学歴は?

塾講師 正社員 求人抜群の頭の良さを必要とされているイメージが教える仕事にはあるような気がします。(しません?)塾業界としてはどのくらい知識や教養、はたまたそれを示す学歴が必要とされているのでしょうか。考察してみましょう。 塾講師 求人応募したいけど、学歴ってどのくらい必要?

生徒人気の獲得法

塾講師 正社員 求人人気と実力は別物かもしれません。人気を取ったからといって教え方がうまいとは言えません。ですが人気がなかったら教える相手がいません。最低限、こうすればとりあえず問題ないというレベルの人気が取れる及第点的な方法。 個別指導塾講師で人気が出る5つの方法

生徒との恋愛にご注意

塾講師 正社員 求人生徒のパーソナリティを知ることにより、生徒さんに合わせた指導を考えていくことはとても大切です。ですが、それは生徒さんと親密な関係になるということと同値ではありません。その雰囲気を感じ取って、うまく線引きを引くためのコツとは? 禁則事項|ヤバイ、生徒との恋愛に発展しそう!となる前に

塾講師 が/と 結婚するとなると?

塾講師 正社員 求人塾講師だって一人の人間です。いずれは結婚し、子供を生んでいくことになるかもしれません。塾講師の社会的立場や、男性側からの視点や女性側からの視点と気になる点は種々あると思います。 塾講師と結婚をリアルに考える時の注意事項
PR
グッドポイント

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 求人応募その前に オススメ塾求人ランキング 塾講師の仕事をする際のポイント集 お問合せ